僕の好きなエンタメについて語ってます。


by watari_64
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

硫黄島からの手紙

観てきました。
外国の監督による日本の描写は、
欧米の人の目にどう映るかはわかりませんが
日本人の目には、
「うーん。」

「あ~あ。」
ってなる事が多い、と個人的に思っているのですが
敬愛するクリント・イーストウッド監督であればと
期待して観に行きました。
感想を言うなれば
「やっぱり渡辺謙は、迫力ある!」
というとこです。
ラストサムライ(僕は好き)
には、なれなかったという感じです。
ちょっとラストサムライを彷彿とさせる渡辺謙のシーンがあったのが
密かにニンマリしました。
ただ今回は
「パーフェクト・・」
とはいかなかった?
のではないでしょうかね。
しかし、あの
「キル・ビル」でさえも、米国ではアカデミー賞にノミネートされるかも?ぐらい騒がれた訳ですから
(あの映画で爆笑した日本の方は結構いるんじゃないですか?)
日本と欧米では、本当に感覚が違うようで、
本作も、米国の皆さんには良かったのかもしれませんね。

(以下少し言いたい事、書いちゃいます。ちょっとブラックになりますー。)

ただ、今作・・・どうしてもクリント監督が本気で撮ったとは思えませんよ。
まず、戦場の緊迫感というものが感じられません。
ノリが異様に軽いんです。
ストーリーも有るようで無い、淡々と進んで行きます。
そして
役者、とくに脇役や、その他大勢役の皆さんがひどすぎる。
イーストウッド監督ほどの名監督が、なぜこの様な役者を使ったのか・・・・
これが日米の壁なんでしょうか?
ラストサムライは
「これをアメリカ人が撮ったのかー!」
ってビックリしましたが。(イイ意味で)
(ラストサムライも批評家受けは良くないようですが)
僕は、不完全燃焼に終わってしまったので
「マディソン郡の橋」
のDVDを観る事にします。
名作で心を癒しますよ(笑)


↓よかったら一票お待ちしてますー!
人気blogランキングへ
[PR]
by watari_64 | 2006-12-12 14:11 | 洋画

007カジノロワイヤル

監督 マーティン・キャンベル
主演 ダニエル・クレイグ
観てきました!
今回の映画は
ボンドが007になるまでの物語。
今までのシリーズのようにボンドは完璧ではなく
ミスも犯し
恋にも落ちてしまう
では、冒頭の紹介を!
007に昇格した
ジェームズ・ボンド
彼の”ダブルオー”としての最初の任務は
国家予算1500万ドルを賭けてのポーカーゲーム。
相手は、ボンドに計画を阻止されて損失した
1億ドルを取り戻さんとする
死の商人、ル・シッフル。
ボンドはこの勝負に勝ち、テロリストの資金を絶つ事ができるのか。
 
まず、
ボンド役がピアース・ブロスナンから変わったことで
心配している方。
そんな心配は、ポイッしちゃってください!
新ボンド ダニエル・クレイグ
c0096617_14255525.jpg

超カッコイイです。
ピアースとはまた別の魅力に満ちています。
”アイスブルー”と呼ばれる彼の瞳は、反則!といってもいいくらいカッコイイ。
ボンドの名を継ぐに相応しい役者です。
そして今回のボンドガールは
エヴァ・グリーン
c0096617_14422952.jpg

素敵でしたねー。
フジテレビの滝川クリステルをさらにフランス人っぽくした感じで、美しい。
・・・・・・・。
監督は「007ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベル
「マスクオブゾロ」「バーティカル・リミット」と
彼の手腕には疑う余地もなく、
今回も素晴らしい映像を見せてくれています。
脚本がビックリ、ポール・ハギス。
「ミリオンダラーベイビー」の脚本で一躍脚光を浴び
監督作「クラッシュ」で
アカデミー賞、作品賞、脚本賞をとった、今ノリノリの人。
そして音楽がかなりイイんです。
オープニングテーマが
クリス・コーネルの「YOU KNOW MY NAME」
ソニーピクチャーズの007のサイトで聞けますんで
お暇だったら聞いてみてください。
でも良かったら、劇場で聞いて頂きたい。
オープニングがメチャメチャカッコイイんです。
いつものように、ボンドが振り向きざまに銃を撃つとこから
オープニングムービーに入るんですが(ここの入り方も鳥肌もののカッコよさ)
このムービーが、カジノをテーマにしてて
ダイヤやスペードが飛び乱れ
シルエットや実写のボンドがハートの銃を撃つ。
それにクリスの歌がベストマッチ。
もうこのオープニングだけで、ヤラレタって感じですね。
次回作もダニエルで決まりだそうで
また観たいですね。
その前にあと何回か、今作を観に行きそうですが^^
やっぱりDVDじゃ、劇場にはかないませんからね。
イイ映画に逢えると、ホント人間やってて良かったと思いますよ(笑)
みなさんも、ぜひ!

ランキングに参加してみました!よかったら1票を~m(_ _)m

人気blogランキングへ
[PR]
by watari_64 | 2006-12-07 15:09 | 洋画
c0096617_8552837.jpg

監督 ジョージ・クルーニー
主演 デヴィッド・ストラザーン
興味はあったんですが見逃していました。
で、昨日友人がDVDを貸してくれまして(11月22日発売)
渋い趣味が合う、貴重なフレンドですよ^^
で、今見終わった直後です。
渋い!
(↑僕の中では、かなり上級の賛辞の言葉)
まず、冒頭の紹介を
1953年、アメリカ。
米ソ冷戦の時代。
国内には共産主義に対する恐怖が満ちていた。
マッカーシー上院議員を中心とする委員会は
国内から共産主義者の根絶を目指していた。
しかし、それは根拠の有無すら関係なく
委員会に目をつけられたら、共産主義とみなされる
合法的とは言い難い手口。
「赤狩り」
と呼ばれ、多くの人が一方的な形で共産主義者とみなされ
地位を失い、仕事を失っていく。
人々やマスコミも、標的にされるのを恐れて彼らに対する批判ができないでいた。
しかし、エド・マロー(デヴィッド・ストラザーン)とその仲間たちは
ジャーナリズムと米国民を信じて、彼らの追及を始める。
この映画は、実在した伝説的ジャーナリスト
エド・マローの真実の話。
 
まず、とにかく
渋い!
劇中を通して流れるジャズ。
カラーに見慣れた僕には、
モノクロ映像の美しさが新鮮でもあります。
主演のデヴィッド・ストラザーン
恥ずかしながら、初めて拝見しましたが
渋い!
アメリカのインディーズ系で有名な俳優さんだそうで
素晴らしい熱演です。
そして
カメラアングルのセンスの良さに
監督ジョージの才能を感じます。
脚本も自分で書いてる(共同執筆)みたいで
お見事です。
怪我をおして、家を抵当に入れてまで撮ったこの映画。
ジョージの本作にかける情熱は、画面に溢れています。
しかし
何と言っても見所は
エド・マローが語る
ジャーナリズムの在り方。
報道とは何か
テレビとは何か
彼が語る言葉達に
感動しました。
好きなセリフを一言だけ紹介。
「テレビとは娯楽の為の物なのでしょうか?
 だとしたらテレビには何の意味もないと言う事です。」

では今日はこの辺で
締めは、この方にお願いしましょう!
c0096617_9521386.jpg


この映画をAmazonn.comで探す

↓よろしかったら清き一票を!
人気blogランキングへ
[PR]
by watari_64 | 2006-12-06 10:07 | 洋画