僕の好きなエンタメについて語ってます。


by watari_64
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

硫黄島からの手紙

観てきました。
外国の監督による日本の描写は、
欧米の人の目にどう映るかはわかりませんが
日本人の目には、
「うーん。」

「あ~あ。」
ってなる事が多い、と個人的に思っているのですが
敬愛するクリント・イーストウッド監督であればと
期待して観に行きました。
感想を言うなれば
「やっぱり渡辺謙は、迫力ある!」
というとこです。
ラストサムライ(僕は好き)
には、なれなかったという感じです。
ちょっとラストサムライを彷彿とさせる渡辺謙のシーンがあったのが
密かにニンマリしました。
ただ今回は
「パーフェクト・・」
とはいかなかった?
のではないでしょうかね。
しかし、あの
「キル・ビル」でさえも、米国ではアカデミー賞にノミネートされるかも?ぐらい騒がれた訳ですから
(あの映画で爆笑した日本の方は結構いるんじゃないですか?)
日本と欧米では、本当に感覚が違うようで、
本作も、米国の皆さんには良かったのかもしれませんね。

(以下少し言いたい事、書いちゃいます。ちょっとブラックになりますー。)

ただ、今作・・・どうしてもクリント監督が本気で撮ったとは思えませんよ。
まず、戦場の緊迫感というものが感じられません。
ノリが異様に軽いんです。
ストーリーも有るようで無い、淡々と進んで行きます。
そして
役者、とくに脇役や、その他大勢役の皆さんがひどすぎる。
イーストウッド監督ほどの名監督が、なぜこの様な役者を使ったのか・・・・
これが日米の壁なんでしょうか?
ラストサムライは
「これをアメリカ人が撮ったのかー!」
ってビックリしましたが。(イイ意味で)
(ラストサムライも批評家受けは良くないようですが)
僕は、不完全燃焼に終わってしまったので
「マディソン郡の橋」
のDVDを観る事にします。
名作で心を癒しますよ(笑)


↓よかったら一票お待ちしてますー!
人気blogランキングへ
[PR]
by watari_64 | 2006-12-12 14:11 | 洋画