僕の好きなエンタメについて語ってます。


by watari_64
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Dolls

監督 北野武
「HANABI」も好きですけど、
こちらの方が、もっとオススメですね☆
古典芸能、文楽(人形浄瑠璃)
をモチーフにして作られています。(以降、導入部紹介)
主人公の二人は相思相愛の仲。
だが、彼が出世の為、上司の娘と結婚することに。
(親に強く勧められ彼も、苦渋の決断だった)
その後、彼女は自殺未遂をおこし、精神を病んでしまう。
その事を、結婚式当日に知った彼は、式場を飛び出し彼女の元へ。
だが、彼女は彼を認識すら出来なくなっていた。
深い後悔と、悲しみにくれた彼は、彼女を連れ出し
行く当てのない、逃避行がはじまる。
この映画の、素晴らしく、斬新なとこは
主演(菅野美穂)を人形にしちゃったことですね!
観てない方も、観てもらえれば↑分かってもらえると思います☆
「日本の四季をちゃんと撮る」
こう監督はコメントしていましたが、そのとうり
もう惚れ惚れするぐらい、美しい自然美が画面に広がっています。
映像演出としての、非現実的なシーンがいくつかあるのですが
ここを、想像力を持って観れると、オモシロイですよ!
(以降、少しネタバレ)
主演の二人はホームレスになるんですが
凄く豪華な着物を着ています。
ここに芸術を感じるか、リアルさに欠けると感じるか、
趣味の分かれるところでもありますけどね!
僕はこういう映画、好きなもんで^^
人物の精神状態や
監督の意図などを表現するために
あえて、演出として非現実的な映像をみせる。
時には難解であることもありますが、
そこを感じれると、映画をより楽しめますね!
また、映画の最後にはですね
菅野美穂が泣かせるんですわ(T_T)
彼女の演技力の凄まじさを感じました。
名優です!
大スター、浜崎あゆみチャンがたしか、
この映画に惚れこんで、歌つくりましたね!(違ってたら、ゴメンナサイ)
よし
じゃぁ、おいらも歌つくろう!
できたら発表します!(嘘)
ホント、いい映画です。

北野監督作をAmazon.comで探す
[PR]
by watari_64 | 2006-10-24 07:46 | 邦画